<金光味噌のひと>林さん

_dsc5542

林あすみ
石川県出身/中途入社(1年目)

「金光味噌のひと」では金光味噌のスタッフを紹介します。金光味噌は人材を募集をしているのですが、実際のところ金光味噌での仕事はどんな感じだろう、どんな人が働いているのだろう、そんな疑問を持たれるかと思います。

そのため、商品や蔵の風景だけではなく人にスポットを当てて金光味噌の今をお伝えしたいと思います。

入社1年目、ニーダーによる製品製造・出荷・店舗接客などを担当

_dsc5391

金光味噌では入社された方には、様々な工程を担当していただき、おみそに関わる幅広い経験と知識を身につけていただいています。

入社1年目の林さんは、出荷や店舗接客にはじまり、特にニーダーというかき混ぜる機械での製品製造を行っています。

ニーダーで「いりこみそ」など当店のヒット商品の製造、食品製造の奥深さを学んでいます

_dsc5451

当社は通常のおみその製品だけではなく、みそを加工した製品を製造しています。その中でも、おみそに具材を練り込むという製品がいくつかあります。

「いりこみそ」など、オリジナリティのある商品は地元スーパーなどでも人気で注文のリピートがある定番商品になっています。

ニーダーという装置で具材を順次投入して練り込む中で、からだに取り込む食品というものの扱いについての基本的なことも学んでいます。

_dsc5348

金光社長(写真左側)は林さんを手伝いながら、「最後にアルコールを入れて78℃付近でそれを蒸発させると、アルコールはしっかり飛ばせて殺菌もできるんだよ。」
と説明をしています。

_dsc5583

そして、金光味噌では製品作りは直感に頼らず、数値化することを大切にしていますので、林さんも作業後に計測した各種数値をパソコンに入力します。

いまの仕事のやりがいは責任と作ることの嬉しさ

_dsc5596

林さんに金光味噌の仕事のやりがいを聞いたところ、「商品の出来は自分次第なので非常に責任重大ですが、その分自分の手で作り出しているという嬉しさややりがいも強く感じることができます。」とのことでした。

働こうと思った理由など

_dsc5602

林さんは石川県出身で金光味噌のある広島県府中市には縁もゆかりもありませんでした。それにもかかわらず、金光味噌で働こうと決心した理由を聞いたところ「わたし大豆だいすきなんです」とのことでした。

大豆を中心とした食への関心が高い林さん。前職は事務員兼・実業団スポーツ選手という体が資本のお仕事だったとのことで、健康に関する関心の高さは人並み以上です。

そのため、からだ想いのみそ作りを行なっている、金光味噌に高い関心を持ったそうです。そして、金光味噌での仕事について、「明るい会社で、休みもきちんととれます。そして、からだに良いものに関われるので本当に楽しいですし、健康的です。」 と話していました。

林さんに質問