• Facebook
  • Instagram

金光味噌

トップページ > 金光味噌について

金光味噌について金光味噌について

からだ想いのみそ作り

明治5年の創業から、140年以上の歴史の中で大切にしてきたことがあります。それは健康に配慮したみそ作りです。
みそ作りは素材選びに始まります。そして、加工については、仕込みはもちろんですが麹作りも自社で行い、伝来のみそ作りを守り続けています。それにとどまらず、新しいことにも挑戦してきました。有機素材を使用した味噌作りや、毎日発酵食を手軽に摂ることができるような新しいみそ加工品を開発してきました。
それはすべて、理念「安全で安心できる味噌を誠意持って製造し、消費者の健康に寄与する」このことを行動に移しているだけです。

品質保証

認証について

有機無農薬の素材を使用した味噌については、昭和57年(1982年)より生産を手がけています。さらには、2000年の有機JAS認証を最初に認定を受けるなど、金光味噌は有機素材による味噌作りの先頭に立ってきました。現在では、日本のみならず、海外各国の認証を取得して、日本を代表する健康食、味噌文化を多くの国々に発信しています。

取り組みについて

有機認証の取得に関わり、有機素材とそれ以外の素材をきちんと分けて管理を行っています。具体的には有機素材専用の倉庫を設け徹底した他の素材の混入防止に努めています。

有機素材について

味噌の原材料は大豆、米、大麦、塩という、とてもシンプルな素材により作られています。そのため、素材選びも慎重に行わざるを得ません。からだ想いの素材選びをご紹介します。

植物の生育に欠かせない窒素を大豆に供給する根粒菌が豊富な土地で栽培された栄養豊富な大豆を使用しています。そのため、化学肥料に頼らず、栄養分豊富な素材になっています。

麹菌に仕上げるお米は、でんぷん質が多めの粘り気があって甘いものを使用。その中でも遺伝子組換えを行っていない原種に近いものです。

シママースを使用しています。海水からつくられた塩なので、ミネラル分豊富でほのかに甘みがあります。

創業明治5年、金光味噌の歩み

創業明治5年、金光味噌の歩み

金光味噌は創業の明治時代以降、日本の近代化とともに歩んできました。戦後は食の西洋化の一方で、日本の健康食として味噌が見直される中で、金光味噌は先んじて素材の吟味とともに、有機認証取得を行ってきました。

1872年 金光房太郎 分家して三谷屋を創設 金光商店として味噌。醤油の商いを始める。
1951年 1月23日 金光味噌株式会社設立  金光弥之助社長就任
1966年 金光味噌出口工場火災→全焼。同年に新工場建設
1979年 9月 邦彦社長に就任
1982年 Organic 認定OCIA 取得
1987年 海外からの見学者相次ぐ
1989年 Organic 認定OCIA 取得
1995年 漢方薬局 薬膳薬局開設
1999年 どっちの料理ショーにて紹介
2007年 府中味噌ブランド申請 経済産業省地域資源活用事業認定、府中味噌組合協同組合設立、金光邦彦(当時社長)理事長就任
2008年 有機FDみそ海外向け開発,「畑の肉味噌」 アイスジェラードなど開発
2009年 広島県味噌(協)理事長、全国味噌理事(5月)就任。畑の肉みそ3種開発。
ドイツ、アメリカの自然食品展示会に出展(2,3月)、円盤製麹機械導入(10月)
2010年 畑の肉味噌シリーズ、ドレッシング開発、ラー油味噌などブーム。地域資源補助事業。
アメリカのNatural Foods博、シンガポールの展示会に出展。
2011年 柚みちょドレッシング、ゴマみちょドレッシング発売、塩麹瓶入り開発(11月)、地域資源補助事業。
アメリカのNatural Foods博に派遣、ドイツのBioFach、シンガポール、台湾、韓国、香港展示会に出展
2012年 自動ラベラー購入。出口工場1階床修理、梅みちょドレッシング発売
BIO Fach、韓国テジュでの展示会、香港展示会などに出展
2013年 有機醤油麹発売。
フランス・リヨンでの展示会、BIO Fach展示会に出展。
金光康一、社長に就任

金光味噌

府中味噌400年の伝統府中味噌400年の伝統

かつて備後国府と呼ばれた、府中市(広島県)は良質な水を供給する中国山地に囲まれた盆地で、古くから醸造の盛んな地でした。その府中の味噌が全国に知られるようになったのは、一般的には家内製造だった味噌を府中の豪商が企業販売ルートに乗せたことに端を発します。そして、奈良で開かれた博覧会に「白味噌」を出品し、最高賞を獲得し全国に名を馳せたとあります。その伝統的な府中の味噌は、時間をかけた自然醸造と麹の割合が多いことが特徴とされ、麹が多い分、塩分が少ない減塩の味噌の先駆けなのです。

会社概要

社 名 金光味噌株式会社
KANEMITSU MISO CO.,LTD.
住 所 本社 … 広島県府中市府中町628 ≫ GoogleMap
出口工場 … 府中市出口町1180 ≫ GoogleMap
TEL 0847-41-2080
代表者 代表取締役 金光康一
創 業 明治5年
設 立 昭和26年
資本金 1,000万円
事業内容 味噌、及び加工食品の製造販売
取引銀行 中国銀行・広島銀行
設備関連 生産能力 2500t/年
生産設備 自動製麹機 1tx4
NK蒸煮缶 2基
全量混合缶 2基
工場面積900坪

金光味噌をお使いいただいている飲食店

麺や虎鉄(北海道)
麺や虎鉄(北海道)

住所:札幌市西区八軒5条東4丁目5番52号
URL:http://www.sapporo-kotetsu.com

こめどこ食堂
こめどこ食堂

住所:広島県尾道市東御所町5-2 2F
URL:https://www.facebook.com/komedokoshokudou

いっとくグループ
いっとくグループ

住所:広島県尾道市土堂町1-11-16
URL:http://ittoku-go.com

いろはのゐ
いろはのゐ

住所:広島県福山市延広町5-1
URL:http://www.muteki.jp/iroha/

博多もつ鍋 煌梨
博多もつ鍋 煌梨

住所:東京都品川区上大崎2-15-19 アイオス目黒駅前2F
URL:http://hakata-kirari.jp/tokyo

ホテル 華の湯(福島県)
ホテル 華の湯(福島県)

住所:福島県郡山市熱海町熱海5丁目 8-60
URL:http://www.hotelhananoyu.jp

金光味噌

店舗紹介店舗紹介

府中でお待ちしております

江戸時代に建築された歴史ある建物(築190年以上)で金光味噌は営業しております。そこには通常のみそはもちろんのこと、味噌を使用したドレッシングなどの自社製の調味料からみそスウィーツなども取り揃えています。各商品の味見もできますのでお気軽にお越しください。